fc2ブログ

『雷の道行』

昨日、第35回記念 城北ブロック舞踊公演でした(9/25国立劇場大劇場)。心配していた台風も一転カラッと晴れ上がり、劇場前には長蛇の列。ありがたい限り!制作スタッフとして胸を撫で下ろしました。
新内仲三郎先生(人間国宝)他の三味線、多賀太夫さん他の浄瑠璃による迫力のある演奏で、ブロックの先輩の花柳珠絃さんと新内『雷の道行』(振付:藤間秀嘉)を踊らせて頂きました。ありがたい限り!
ご来場下さったたくさんのお客様、スタッフの皆様に心からお礼申し上げます🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️。


続きを読む »

スポンサーサイト



『雷の道行』

昨日、第35回記念 城北ブロック舞踊公演でした(9/25国立劇場大劇場)。心配していた台風も一転カラッと晴れ上がり、劇場前には長蛇の列。ありがたい限り!制作スタッフとして胸を撫で下ろしました。
新内仲三郎先生(人間国宝)他の三味線、多賀太夫さん他の浄瑠璃による迫力のある演奏で、ブロックの先輩の花柳珠絃さんと新内『雷の道行』(振付:藤間秀嘉)を踊らせて頂きました。ありがたい限り!
ご来場下さったたくさんのお客様、スタッフの皆様に心からお礼申し上げます🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️。


続きを読む »

前期の実技試験が修了

日本舞踊の前期試験が終わりました。暑さにもコロナにも負けない元気な1年生達。
浴衣を自分で着るのも初めてでしたが、なかなかパワフルな踊りっぷりに、拍手!

梢先生とのお別れ会

4月15日早朝、坂東梢先生が突然、亡くなりました。前々日まで弟子達の稽古をされていたのに。
日本舞踊家でありながら鬼才・武智鉄二に師事し、歌舞伎、狂言からアングラ演劇まで役者として舞台にも立ち、数々の舞踊作品を振り付け、芝居やオペラの演出もされた。古典と現代をつなぐ日本演劇の生き字引だった。
怒った顔を見たことがなかった。
「もう一回」。「もう一回」。できない役者や舞踊家に何回でもできるまでやり直させた。
「演出は忍耐だよと、武智先生も言ってたわ(笑)」
大ベテランの男優さんの話。
「武智先生の”もう一回”はすごかった。これでもかってくらいやらされて、くたばりそうになったところで、”じゃあ、そろそろ本域でいってみようか。もう一回”って(笑)」
梢先生の「もう一回」は、武智先生譲りだったようだ。いくら言ってもできなくて怒鳴りたくなることもあっただろうに、できるまで待つという忍耐。
演者でありながら、すごい指導者だったなぁと敬服する。
あの世で安らかに、なんて言えません。聞きたいこと、教えてほしいことはまだ山ほどあるのに、突然いなくなっちゃって、今はただうろたえるばかりです。

梢師匠の米寿祝をかねて日舞勉強会

昨日、坂東梢師匠の米寿御祝をかねて開いた一門の勉強会。やむなく欠席の方もいましたが、20名以上のメンバーが顔をそろえたのは久しぶり(撮影時のみマスクOFF)。最年少の守時くん(8歳)は、『羽根の禿』で初の女形(女児形?)にトライ。おなじみの松の上にのってしまった羽根を取ろうとするシーンでは、しっかり笑いも取る演技ぶり!でした。