FC2ブログ

前期最後の授業

あっという間に、前期最後の日本舞踊の授業。2限は色とりどりの浴衣と扇子の女子大生達。
中国の留学生も一緒に踊ったいた3限のメンバー写真は、うっかり撮り忘れ😢
スポンサーサイト



ネイティブな山形弁

久しぶりに朗読を聴きに行った。


二人の語り手のネイティブな山形弁。骨太!




ネイティブな山形弁

久しぶりに朗読を聴く。男女二人のネイティブな山形弁が想像以上に骨太で、グサッ!
本では分からなかった空気が広がった。

取材記事が掲載されました

今月初めに取材を受けた『俺の日本舞踊』というサイトに記事が掲載されました↓
「俺の日本舞踊」記事はここをクリック

『俺の日本舞踊』

日本舞踊メディア『俺の日本舞踊』を運営している梅澤暁さんにお会いした。以前ネットでちらとお見かけした写真から和モノの稽古がお好きなミドルエイジを勝手に想像していたが、じつは30代の好青年だった! 剣道に勤しんでいたこともあるという硬派。
日本舞踊を始めて6年。それ以前は、まったくの門外漢。とはいえ、子どもの頃から江戸文化に興味があり、「寄席に行きたい」と親にねだって、郷里の兵庫県から新宿末廣亭に連れて行ってもらったこともあるというから、少年時代からシブイ和モノ好きだったらしい。
『日本舞踊のぬりえ』もプロデュースしている。『さくらさくら』『祇園小唄』『手習子』などを踊るキャラクターが登場し、ぬりえで遊びながら日本舞踊に親しめるという仕掛け。子どもにも分かるやさしい解説がつき、描かれたシーンに添えられたテキストには英訳もついている。
写真は、昨年暮れに開催したぬりえ展の様子。
日常から”和”が薄れ、日本舞踊を知らない人が増える今、外から日本舞踊を見る梅澤さんの目が新鮮に映る。