FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄輝夫先生のお墓参り、からの北信太 葛の葉参り

15424504060.jpeg

大阪 長居の臨南寺へ五世吉村流家元・雄輝夫先生のお墓参り。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : いってきました^^ - ジャンル : ブログ

ふきの会勉強会

 

)

4月29日(日)浅草公会堂の和室で、ふきの会勉強会を開きました。

昨日からゴールデンウィークが始まり、初夏の日射しの浅草は大賑わい。

坂東喜美生さんのお稽古場のピチピチのお弟子さん達も参加して下さいました。 

それにしても、去年の会よりぐ~んと大きくなった子ども達の成長に驚き! 踊りもぐ~んと上達しました。

もと乙女達の『四季の花』

桜色の揃いの着物で乙女達もとい、もと乙女達の群舞に参加させて頂きました。

大和楽『四季の花』 作詩・作曲:芳賀稔  振付:花柳園喜輔

3月23日(金)第33回日本舞踊協会東京支部城北ブロック舞踊公演  三宅坂 国立劇場小劇場

  向かいの皇居の桜も、もうじき満開。

    

今さらですが、2位でした!

文化庁から昨年の芸術祭総覧が届きました。

なんと!11月に公演した坂東冨起子作『猫いらず』『鶏娘』(ふじたあさや監修)は関東参加の舞踊部門で2位でした!

舞踊部門1位=芸術祭賞は石井智子スペイン舞踊団公演で、2番目に審査員の票を集めたのがダンスの本間祥公『常花』と日本舞踊の坂東冨起子『猫いらず』『鶏娘』だったそうです。

で、どちらを芸術祭優秀賞にするか討議した結果、長年のダンス技術で成果を見せた本間祥公『常花』が受賞作になったと。

オリンピックなら銅メダルでしたが、文化庁芸術祭に3位はなく…。

関東で参加した舞踊の内訳は、バレエ・ダンス・舞踏系、スペイン舞踊系、日本舞踊系合わせて25件。そのうち12件が日本舞踊系。

ちなみに演劇部門の大賞は、故井上ひさし氏のこまつ座『きらめく星座』(関東参加)、九代目松本幸四郎『AMADEUS』(関西参加)でした。

某舞踊評論家の先生は、「坂東冨起子作品はサービス過剰。才能のムダ遣い」と雑誌に書いて下さり、「笑いも最後に膝をポンと叩いて笑えるくらいでよかった」と。

面白すぎてどこがいけないのかと思っていましたが、意外に審査員の方々は素直にウケてくれたようでした。

あらためてご協力下さった皆様、客席におし下さった皆様に心から感謝致します。

メールでお知らせできなかった方々にも、この場をお借りしてご報告させて頂きます。

ありがとうございました!

 

華ちゃんが、坂東華に!

今日は坂東流の名取試験で、娘のような弟子がお試験を受けました。

朝から祐天寺の故三津加師匠の稽古場で最後の稽古。無節の桧(ヒノキ)舞台です!

無節の桧板は、木目に節をつけないように子、孫、曾孫と何代にもわたって枝を切り落としながら育てた大木の桧から作るのだそう。お宝の舞台です。

正午、家元宅で試験開始。

結果、「坂東 華(ばんどう はな)」のお名前を頂きました! 

お世話になった皆様、本当にありがとうございました!

弟子とともにこれからもいっそう精進して参ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。