FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらですが、2位でした!

文化庁から昨年の芸術祭総覧が届きました。

なんと!11月に公演した坂東冨起子作『猫いらず』『鶏娘』(ふじたあさや監修)は関東参加の舞踊部門で2位でした!

舞踊部門1位=芸術祭賞は石井智子スペイン舞踊団公演で、2番目に審査員の票を集めたのがダンスの本間祥公『常花』と日本舞踊の坂東冨起子『猫いらず』『鶏娘』だったそうです。

で、どちらを芸術祭優秀賞にするか討議した結果、長年のダンス技術で成果を見せた本間祥公『常花』が受賞作になったと。

オリンピックなら銅メダルでしたが、文化庁芸術祭に3位はなく…。

関東で参加した舞踊の内訳は、バレエ・ダンス・舞踏系、スペイン舞踊系、日本舞踊系合わせて25件。そのうち12件が日本舞踊系。

ちなみに演劇部門の大賞は、故井上ひさし氏のこまつ座『きらめく星座』(関東参加)、九代目松本幸四郎『AMADEUS』(関西参加)でした。

某舞踊評論家の先生は、「坂東冨起子作品はサービス過剰。才能のムダ遣い」と雑誌に書いて下さり、「笑いも最後に膝をポンと叩いて笑えるくらいでよかった」と。

面白すぎてどこがいけないのかと思っていましたが、意外に審査員の方々は素直にウケてくれたようでした。

あらためてご協力下さった皆様、客席におし下さった皆様に心から感謝致します。

メールでお知らせできなかった方々にも、この場をお借りしてご報告させて頂きます。

ありがとうございました!

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。